伐採作業の一連の流れを東京の事例で解説

東京では近隣への迷惑をかけないような準備が肝心

東京でも、庭などに多くの木が生えているという事例は多くあります。放置しておくと敷地からはみ出して迷惑をかけるという事につながってきますし、思わぬ倒木などに繋がれば大きな被害を及ぼす可能性もあります。定期的に伐採をするという必要が出てくるのです。これまで木が生えていた土地について新しく建物を建てるなどして利用する場合も伐採が必要になってきます。土地の価値が高い東京だからこそ多くなるケースです。
まず必要になるのがどのような形で伐採作業を進めていくかという計画です。無計画に木を切り倒すだけでは、思わぬ形で倒れるなど問題が生じることがあります。そうならないように、ロープで固定するという対策が必要になることがありますから、その点について考えていかなくてはならないのです。また、東京の場合には近隣との距離が近いことが多いので、事前に近隣住民へも挨拶をしておくということが必要になります。

細心の注意を払って作業をする

事前の準備が終わったら実際に作業に入ります。一人で行うと作業も困難ですし、何かがあった時に危険が生じますので、複数人で関わるということが必要となってきます。高いところの作業、大きな木の伐採の場合などは特に人数が多く必要となることがあるのです。小さな木であればのこぎりなどで簡単に切ることが出来る事例もありますが、太い木になると電動のチェーンソーなどが必要となってきます。その扱いに長けた専門家の関与が必要となってくるのです。
作業中は大きな音が出たり、伐採する木の破片や枝葉などが舞い散ることもあります。そういった物が近隣に迷惑をかけないように、ネットなどを使う事や慎重に作業をすることなどが必要になります。後片付けもきちんとしておくことが大切です。伐採したものをどのように処分するのか、業者に依頼する事例ではそのまま引き取ってもらうことが可能なケースなどもあるので、相談してみることがおすすめです。

まとめ

東京では近隣の住宅や道路とのスペースがほとんどなく、少し木が伸びてしまう事で大きな迷惑をかけてしまうという事例も多くなっています。定期的に手入れをし、不要な部分を伐採していくことで問題を減らしていきましょう。作業中にも気を遣わなくてはならない部分が多く出てきます。事前の準備などは特にしっかりしていきましょう。自分で伐採するということが難しい場合には、専門の伐採業者に依頼することでトラブルを少なくすることが出来ます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です