東京の伐採作業の注意事項|伐採前後

庭木が思いのほか伸びてしまったら

戸建て住宅に住んだ当初は全く問題がなかったのに、何年か経つと庭木が想像と違う形に育つことがあります。地方都市ではあまり問題にならないことも、東京にお住いの場合には種々の問題が生じます。道路に向かって枝が張り出したり、お隣の家に塀を超えて茂ってしまった木は伐採の必要があります。道路上に伸びたものは通行の邪魔になり、東京の場合は自治体から注意を受けることもあります。お隣への迷惑になれば、地域での人間関係にも影響を及ぼしかねません。
最初に自分で伐採する方法の注意事項を申し上げます。大きく伸びた植物を伐採する場合には、十分な準備が必要です。事前に作業の準備を怠ると思わぬ怪我や二次災害が起こります。脚立の使用方法についてはよく注意事項を読み、作業の間に倒れたり転落しないように注意しましょう。軍手、片付けるためのごみ袋なども事前に用意してください。そして一番大切なのは、無理をしない事です。高所の作業は素人には難しい場合があります。ダメそうだと思ったらプロに任せてください。

東京で業者の選定をする場合の注意点

東京で庭木の剪定業者を探す際は、口コミが一番です。近所で伐採を行ったおうちがあれば、聞いてみることをお勧めします。地域によって刈込や後片付け、ゴミ出し方法などが異なるため、同じエリアでの伐採業者を探す方がトラブルが少ないからです。大きな木ではないとしても排出する枯れ枝やごみはかなりの量になります。慣れた方にお仕事を頼む方が後々問題が起きにくいです。
また、東京では地域にも寄りますがシルバー人材センターのような組織がある場合も多いです。そうした組織では低価格で家事労働を引き受けてくれるシステムもあります。一般的な庭掃除や伐採作業を、民間の会社他のよりも安く仕上げて呉れる場合がかなりあります。会社組織ため、伐採の結果において人によって差がありクオリティの保証が無いこともあるので、電話などで相談してお話を聞くことをお勧めします。植木屋さんではありませんが、訓練を受けた人が来ると、安く手早くきれいに仕上げてくれるので一考の価値があります。

まとめ

東京では家と家の間が狭く、庭木が伸びすぎてしまった場合に近隣からクレームをもらうこともあります。自分では迷惑をかけていないと思っても道路からの見場が悪いなどという相対的な理由でも、人によってはかなり気にする人も居るというのが現状です。そうした人の不快にならないように人間関係を維持するためには、伐採についても良く相談してから進めます。庭木だけではなく作業そのものについても周りの状況をよく見て判断して実行してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です